熊本の家族葬、葬儀、お葬式なら三島斎場へ

弔電文例

  • HOME »
  • 弔電文例

文例一覧(注文用紙に文例番号をご記入ください)

カテゴリー 用途 文例 文例番号
一般仏式 故人様との関係性を問わないオーソドックス文例 突然の悲報に接し、驚いております。
残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、
すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、
遥かな地より[●●(故人名or 続柄)様]の
ご冥福をお祈りいたします。
●●(故人名or続柄)様]のご逝去を悼み、謹んで
お悔やみ申し上げます。ご家族の皆様のお嘆き
いかがばりかとご拝察申し上げます。
今はただ、心からご冥福をお祈り申し上げ、
手を合わせております。
このたびの訃報を知り、驚いております。
愛するご家族を亡くされたお嘆きを思うと涙が
こぼれてなりません。限りない悲しみとは存じますが、
[●●(故人名or 続柄)様]の分まで生きられることが、
何よりのご供養かと存じます。
お心を強くお持ち下さいますようお祈り申し上げます。
[●●(故人名or続柄)様]ご永眠の報に接し、
誠に残念な思いです。優しい笑顔、共に過ごした
思い出など、在りし日の思い出は尽きません。
ご生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに、
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
一般神式 [冥福][往生][弔う][供養]は仏教用語なので用いない ★死=[帰幽(きゆう)] 最愛の[●●(故人名or 続柄)様]がお亡くなりになられた
お悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。
御霊の安らかならんことをお祈り申し上げるとともに、
ご家族の皆様が一日も早く悲しみの中から
立ち直られますように、祈念しております。
ご帰幽の報に接し、心から哀悼の意を表します。
生前の笑顔やお優しかったお顔を思い出し、
悲しみで胸がいっぱいになります。
謹んで[●●(故人名or 続柄)様]の御霊が安らかに
眠らん事をお祈り申し上げます。
[●●(故人名or 続柄)様]ご帰幽の報に接し、
心からお悔やみ申し上げますとともに、御霊の安らかに
鎮まり給うことをお祈りいたします。
ご家族の皆様の寂しさはいかばかりかと
お察し申し上げます。どうかお心を合わせて強く
生きられますようお祈りいたします。
[●●(故人名or続柄)様]のご悲報が信じられず、
驚いております。思いがけないことで、さぞかし皆様
お心落としのことと存じますが、ご悲嘆のあまり
お身体を損なわれることのございませんよう、
ご自愛下さいませ。衷心より哀悼の意を表します。
一般キリスト教式 お悔やみではなく慰めと労いの言葉にする。[哀悼][お悔やみ][御愁傷様]は使わない ★死=[昇天・召天・帰天] 突然の昇天の報に接し、驚きと悲しみに包まれています。
天の父なる神の慰めが、ご家族の皆様に深く
ありますようにと、お祈り申し上げます。
[●●(故人名or続柄)様]と出会えたことを神に
感謝いたします。
[●●(故人名or続柄)様]のご召天の報に接し、
驚きと悲しみを覚えます。
すぐにでも飛んでまいりたい気持ちですが、
遠地よりお慰めを祈っております。
悲しみの中にあるご家族お一人お一人の上に、
神さまの慰めがありますようお祈り申し上げます。
10
[●●(故人名or続柄)様]ご昇天の報に接し、
心から哀悼の意を表します。
この地上での長きにわたるお働きを終え、
天に召されたのですね。
その御霊が安らかならんことを、心より
お祈りいたしております。
11
[●●(故人名or続柄)様]ご昇天の報に接し、
神の御許に召されました[●●(故人名or続柄)様]の
安らかな眠りをお祈り申し上げます。
これからは天国で安からに、主のそばで地上に残された
ご家族をお守り下さいますようお祈りいたします。
12
故人様が友人、知人の場合 友人・知人全般 (遺族の方への慰め) 生涯の友である[●●(故人名)様]との
別れの報に接し、悲しみでいっぱいです。
人生これからという時にと悔やまれ、ご家族の皆様の
悲しみを思うとお慰めするすべもありません。
ご心情をお察し申し上げ、お気持ちを強く持たれることをお祈りいたします。
[●●(故人名)様]、どうか安らかにお眠りください。
13
[●●(故人名)様]とは、お会いするたび
楽しい時間を共にしていただけに、このたびの訃報に驚くばかりです。
ご家族の皆様は深い悲しみに包まれていらっしゃると
思いますが、どうかお力を落とさぬようにお祈り申し上げます。
14
友人・知人全般 (故人様への感謝) 最愛の友である[●●(故人名)様]の
訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。
まさかこんなに早くお別れを迎えることになろうとは
思ってもみませんでした。
本当に残念な事であり、信じたくない現実です。
ご冥福をお祈り申し上げ、惜別の言葉とともに
[●●(故人名)様]と親友でいられた事に感謝いたします。
15
[●●(故人名)様]の訃報に接し、
言葉を失っております。
近いうちに会いたいと思っていただけに、
突然のお別れになってしまい、悔しくてなりません。
たくさんの思い出に感謝を捧げるとともに心よりご冥福をお祈りいたします。
16
学生時代からの友人 [●●(故人名)様]とは学生時代からの
つき合いで、お互いを尊重し合える長年の親友でした。
このたびの訃報に接し、その存在感の大きさを
痛感しております。
ご家族の皆様の悲しみを思うと心が痛みますが、
一日も早く立ち直られることをお祈り申し上げます。
17
会社時代の友人 [●●(故人名)様]とは会社時代からの
つき合いで、公私ともにお世話になっていました。
このたびの訃報が信じられない気持ちでいっぱいで、
笑顔で元気に活躍されていた姿ばかり目に
浮かんできます。
ここに謹んで哀悼の意を表するとともに
ご冥福をお祈りいたします。
18
趣味仲間 [●●(故人名)様]とは共通の趣味を通じて
知り合い、休日には仲間と集まり、楽しい時間を
過ごしてきました。
これからもずっと生涯の親友として思い出を
重ねていけると信じていただけに、このたびの訃報に
接し、言葉を失っております。
ここに謹んで哀悼の意を表するとともにご冥福を
お祈りいたします。
19
友人・知人全般 (行けないことへのお侘び) [●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げます。
ご家族の皆様の悲しみを思うと、すぐにでもお慰めに
飛んでまいりたい気持ちですが、それが叶わずに
残念です。近いうちに改めてご焼香させていただきます。
遥かにご冥福をお祈りいたします。
20
[●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げます。
長年の親友である[●●(故人名)様]の
やさしい笑顔が、はっきりと蘇ってきます。
今すぐにでも駆けつけたい気持ちでいっぱいですが、
お伺いできないことをお許しください。
心よりご冥福をお祈りいたします。
21
闘病中だったことを知っていた場合 [●●(故人名)様]の逝去の報をいただき、
お悔やみを申し上げます。
ご家族の看病により必ずや回復されると
信じていただけに、残念な思いでいっぱいです。
皆様の悲しみは計り知れませんが、お力を落されない
ようにと願うばかりです。
謹んでご冥福を深くお祈りいたします。
22
[●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げます。
病床にあっても、元気にいつもの変わらぬ笑顔で
話してくれたので、こんなに早くお別れが来るとは
思ってもみませんでした。本当に残念でなりません。
謹んでご冥福を深くお祈りいたします。
23
突然の急逝 [●●(故人名)様]の突然の訃報に、なにかの
間違いであってほしいと願う気持ちでいっぱいです。
ご家族の皆様をどうお慰めすればいいのかわかりません。
ただ、一日も早くお元気になられることを切に
お祈りします。近いうちに霊前にお参りし、
思い出話をさせていただきたいと思います。
遥かにご冥福をお祈りいたします。
24
[●●(故人名)様]の突然の悲報に接し、
動揺のあまり声も出ませんでした。
素敵なご家族に見守られ、静かにその生涯を
閉じられたことが、せめてもの救いです。
ご家族の皆様をどうお慰めすればいいのか言葉が
出てきませんが、ご健康に留意され強く生きていくことを
[●●(故人名)様]も望んでいるはずです。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
25
この度の突然のお知らせに心よりお悔やみ申し上げます。
[●●(故人名)様]にはもっと長生きしてもらい、ともに人生を謳歌したかったのにと残念でなりません。
ご家族の皆様の悲しみにお慰めする言葉もなく、
ただご冥福をお祈りするばかりです。
お力落としのことと存じますが、一日も早くお心を
取り戻されるようお祈り申し上げます。
26
[●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
思いもかけないことで大変驚愕し、人の命の儚さを
嘆くばかりです。先日、お会いしたばかりなのに
未だ信じがたい思いでいっぱいです。
ご家族の皆様が一日も早く悲しみから
立ち直られますように、心からご冥福をお祈り
申し上げます。
27
故人様が友人、知人の家族の場合 遺族である友人・知人への慰め 思わぬ悲報にただ驚くばかりで、言葉を失っております。
ご家族の皆様は[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]の存在の大きさを改めて感じられ、深い悲しみに包まれていらっしゃることと思います。
さぞご心痛とは存じますが、どうかお力を落とされませんようお祈り申し上げます。
28
ご永眠のお知らせをいただき、悲しみで胸が塞がる
思いです。
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]のお人柄と
笑顔、あふれるほどの思い出は、ご家族の皆様の
お心の中で永遠に生き続けることと思います。
皆様のご心痛をお察し申し上げますとともに、ご冥福を
お祈りいたします。
29
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]ご他界の
お知らせに、思いがけないことで大変驚いております。
ご家族の皆様の悲しみを思うと胸が痛みます。
どうぞご自愛くださいまして、この悲しみを
乗り越えられ、皆様が心を合わせて強く生きられますよう、お祈りいたします。
30
愛するご家族の旅立ち、お嘆きはいかばかりでしょうか。
いつの日か来るものとは知りながらも、いざお別れの日が来ると信じたくない気持ちでいっぱいではないかと、
お察しいたします。
お慰めに値する言葉が見つからず恐縮ですが、どうか
お力落としなくお過ごしください。
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]も何よりそれを願っておられると思います。
31
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]ご他界の悲報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
皆様のお嘆き、寂しさは計り知れないものと
拝察いたしますが、今日までご家族の笑顔に囲まれ、
幸せにお暮らしになられたことと存じます。
後顧の憂いなく、安らかにご永眠くださいますよう謹んでお祈り申し上げます。
32
故人様を含む家族ぐるみのお付き合い ※故人様の性別問わない [●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]のご永眠の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
お元気だった頃の笑顔とお姿ばかりが思い出され、
胸が痛みます。
皆様のご悲観はいかばかりかと存じますが、どうぞ
ご自愛くださいませ。
ご冥福をお祈り致します。
33
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]ご逝去の報に
接し、なんと申し上げればよいのか、お慰めの言葉も
見つかりません。
いつも親切で、さりげなくお気遣いくださる
優しい方でした。
ここに謹んで哀悼の意を表するとともにご冥福をお祈り
申しあげます。
34
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]の悲報を受け、
謹んで哀悼の意を表します。
あの明るく元気な笑顔がもう見られないとは未だに
信じられません。
在りし日の姿を偲び、心よりご冥福をお祈り
申し上げます。
35
故人様を含む家族ぐるみのお付き合い ※故人様が女性(妻・母)の場合 [●●(続柄=例:ご母堂・ご令室)様]が突然
亡くなられたとの信じられないお知らせを受け、
深い悲しみに襲われています。
お宅へお邪魔すると、いつでも歓迎してくださり、
おいしい料理でもてなしてくださいました。
おつらいとは存じますが、どうぞこの悲しみを一日も早く
乗り越えられ、お元気になられますようお祈り申し上げます。
36
故人様を含む家族ぐるみのお付き合い ※故人様が男性(夫・父)の場合 [●●(続柄=例:ご尊父・ご主人)様]のご急逝を
悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
働き盛りのお元気だったご生前の面影が目に浮かび、
悲しみにたえません。
一家の柱を失われたご家族の皆様の悲しみ、お察し
申し上げます。
お心落としのことと存じますが、ご自愛くださるよう
お祈り申し上げます。
37
最愛の[●●(続柄=例:ご尊父・ご主人)様]様が
お亡くなりになられた悲しみは、計り知れないものと
お察しいたします。
ご家族とお仕事を愛し、その生涯を捧げられた尊い
お人柄を偲び、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
38
行けないことへのお詫び [●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]の突然の
悲報に接し、驚いております。
ご家族の皆様の悲しみ、ご落胆はいかばかりかと
お察しし、すぐにでもお慰めに飛んでまいりたい
気持ちですが、お伺いできず申し訳ございません。
どうか一日も早くお心の痛みが癒えますよう、
心からお祈りいたします。
39
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]のご他界の
報に、謹んでお悔やみ申し上げます。
本来ならばすぐに参上いたしまして、お悔やみを
申し上げるべきところでございますが、叶いませんこと
お許しください。
ご生前のお姿を偲びつつ合掌させていただきます。
40
闘病中だったことを知っていた場合 [●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]ご急逝の悲報に
接し驚いております。
かねてご療養中とは伺っておりましたが、
もっと長生きしていただきたかったのにと本当に
残念でございます。
どうぞ皆様には一日も早く立ち直られ、ご健康で
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]の分まで
長生きをしていただきますようお願い申しあげます。
41
ご急逝の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
お加減が良くないとは伺っていましたが、ご家族の
お心のこもったご看病により、必ずやご回復なさると
信じておりましたのに、未だ信じられません。
皆様もご悲観のあまりお体をこわされませぬよう
お祈り申し上げます。
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]のご生前の
お姿を偲びつつ心よりご冥福をお祈りいたします。
42
[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]のご逝去の報に
接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
病床にあっても、変わらぬ元気な声で
お話しされていたので、お別れがこんなにも早く来るとは
思いもよりませんでした。
ご家族の皆様の悲しみ、ご落胆はいかばかりかと
拝察申し上げながら謹んでご冥福をお祈りいたします。
43
突然の急逝 [●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]ご他界の悲報に接し、思いもかけないことで大変驚愕いたしました。
人の命の脆さを嘆くばかりでございます。
ご家族の皆様、突然のことでさぞお力落としのことと
存じますが、どうかお体を損なわれることのございませんようご自愛くださいませ。
衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。
44
忽然としてこの世を去られた[●●(続柄=例:ご尊父・ご母堂)様]。
あまりにも残酷な運命の神の悪戯に胸が痛みます。
ご家族の皆様におかれましては、思いもかけないことゆえ悲しさ、無念さは察するに余りあります。
どうぞお力落としのなきようお祈り申しあげます。
45
故人様が同僚、上司、部下の場合 生前の仕事ぶり・人柄に触れる ご訃報に接し、[●●(故人名)様]のご生前の功績を
偲び、衷心よりご冥福をお祈り致します。
お仕事を愛し、仲間を愛し、何事にもひたむきだった
お姿が偲ばれます。幾多のご厚情をうけながらも
ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。
ご冥福をお祈り致します。
46
[●●(故人名)様]のご訃報に際し、慎んで
哀悼の意を表します。
[●●(故人名)様]は責任感が大変お強く、
何事も一生懸命されるお姿に何度も感動をおぼえました。
ご家族の皆様におかれましても大きな宝を亡くした
悲しみをお察し申し上げます。
心からご冥福をお祈り致します。
47
[●●(故人名)様]のご逝去を悼み、心から
お悔やみ申し上げます。
ともに働く周りの同僚を気にかけ、いつも精力的に仕事を
こなしていたお元気なお姿が走馬灯のように思い出され、
深い悲しみでいっぱいです。
まだまだこれからというときに、誠に無念なお別れでは
ございますが、社員一同心よりご冥福をお祈り致します。
48
[●●(故人名)様]のご逝去の報に接し、社員一同
心からお悔やみ申し上げます。
日ごろから後輩や同僚を気にかけ、公私にわたり
[●●(故人名)様]にご指導いただいた者も多く、
語りつくせぬ思い出で胸がいっぱいです。
ご生前のご厚情と功績に深く感謝致しますとともに、
安らかなご永眠をお祈り致します。
49
[●●(故人名)様]のご逝去を悼み、謹んで
お悔やみ申し上げます。
有能な仲間を失うところの大なるを
悲しむのみであります。
ご遺族の皆様のお嘆きのほどを拝察致しますと、
お慰めの言葉もございません。
ご生前の功績を偲びつつ、ご冥福をお祈り致します。
50
[●●(故人名)様]のご逝去の報に接し、社員一同
心からお悔やみ申し上げます。
[●●(故人名)様]のお人柄と仕事に対する
真摯な姿勢は、これからも私たちの中で受け継がれ
生き続けていくことと思います。
偉大なる業績と人格に深く敬意を表し、心よりご冥福を
お祈り申し上げます。
51
遺族への慰め [●●(故人名)様]のご訃報に接し、社員一同
深い悲しみに暮れております。
ご遺族の皆様のお嘆きのほどを拝察致しますと、
お慰めの言葉もございません。
[●●(故人名)様]とともに汗を流し、
過ごした日々を偲び心よりご冥福をお祈り致します。
52
[●●(故人名)様]の訃報に接し、社員一同
言葉を失っています。
社内でも評判の優しく明るいお人柄であっただけに、
ご遺族の皆様のご心痛はいかばかりかと
お察し申し上げます。
お力落としのことと存じますが、どうか、お気持ちを
強く持たれますよう心よりお祈り申し上げます。
53
[●●(故人名)様]のご逝去を悼み、謹んで
お悔やみ申し上げます。
これからさらに期待されていた時にと
悔やまれてなりません。
ご家族の皆様の悲しみ、ご落胆はいかばかりかと
拝察申し上げます。
お力落しとは存じますが、お体を損なわれることの
ございませんよう、ご自愛下さいませ。
54
行けないことへのお詫び このたび[●●(故人名)様]のご急逝の悲報に接し、
あまりにも突然のことで驚いております。
ご生前のご厚情を思えば、お見送りをいたすべきところで
ございますが、何分遠方のためご葬儀への参列が
叶いませんこと、お許し下さい。
ご生前のお姿を偲びつつ喪心より
ご冥福をお祈り致します。
55
闘病中だったことを知っていた場合 [●●(故人名)様]のご逝去の報に接し、
心よりお悔やみ申し上げます。
かねてご入院中とのお話は伺ってはおりましたものの、
回復を信じておりました。
公私にわたり[●●(故人名)様]に頂きました、
幾多のご厚情、ご指導、尊いお教えは
私の心の中に生き続けます。
ご家族の悲しみはいかばかりかとお察し申し上げますと
ともに、心から哀悼の意を表します。
56
[●●(故人名)様]のご逝去の報に接し、社員一同
心よりお悔やみ申し上げます。
かねて療養にて休職されておりましたが、必ずや再び
元気なお姿で再会できる日を信じておりました。
ご家族の皆様におかれましては、お悲しみは
いかばかりかとお察し申し上げますとともに、
心から哀悼の意を表します。
57
突然の急逝 [●●(故人名)様]の突然のご訃報に接し、
心からお悔やみ申し上げます。
ご遺族の皆様におかれましては、さぞかし
お力落としのこととお察し申し上げます。
人望厚き方だっただけに、社員一同深い悲しみの中に
おります。これまでの功績に深い感謝と
尊敬の念を持って、心よりご冥福をお祈り致します。
58
[●●(故人名)様]の突然のご逝去の報に接し、
心よりお悔やみ申し上げます。
日頃お元気に職務に専念されておられたのに、
信じられぬ思いでおり残念でなりません。
ご遺族の皆様のお嘆きのほどを拝察致しますと、
お慰めの言葉もございません。
ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り致します。
59
[●●(故人名)様]のご訃報に接し、
深くお悔やみ申し上げます。
生前、[●●(故人名)様]には社員一同
ひとかたならぬお世話になりました。
あまりに突然のことに、言葉もありません。
ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り致します。
60
故人様が取引先 生前の仕事ぶり・人柄に触れる 貴社[■肩書き/社長など][●●(故人名)様]の
ご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。
ご遺族の皆様、心からお悔やみ申し上げます。
人望厚き方だっただけに、社内でも皆悲しんでおります。
どうか安らかなるご永眠をお念じ申し上げ、お別れさせていただきます。
61
[●●(故人名)様]のご訃報に際し、慎んで哀悼の意を
表します。[●●(故人名)様]とは仕事を通じての
お付き合いでしたが、責任感が大変強く何事も一生懸命
されるお姿には何度も感動をおぼえました。
ご遺族の皆様におかれましても大きな宝を亡くされた
悲しみは、いかばかりかとお察し申し上げます。
心からご冥福をお祈り致します。
62
[●●(故人名)様]のご訃報に、謹んで哀悼の意を
表します。業界の第一人者として自社のみならず、
幅広く社会貢献されて来られました
[●●(故人名)様]の業績にはただ
脱帽するのみでございます。
心からご冥福をお祈り致します。
63
[●●(故人名)様]のご逝去を悼み、
心からお悔やみ申し上げます。
いつも精力的に仕事をこなされ、私をはじめ周りの方々を
気にかけてくださっていたお元気なお姿が走馬灯のように
思い出され、深い悲しみでいっぱいです。
何のお返しも出来ないまま誠に無念なお別れではございますが、心よりご冥福をお祈り致します。
64
お世話になった感謝

[■肩書き/社長など]
[●●(故人名)様]ご逝去の報に接し、
貴社ご一同様のご傷心のほど深くお悔やみ申し上げると
ともに、ご冥福をお祈り致します。
ご生前中はことのほかご高配にあずかり、感謝の念は
尽きません。
皆様方には、どうか[■肩書き/社長など]の
ご遺志を実現なされますようお祈り申し上げております。

65
[●●(故人名)様]の悲報に社員一同、
呆然としております。
仕事を通じ弊社ならびに弊社社員を応援して頂いた
[●●(故人名)様]には言い尽くせない恩義を
感じております。何のお返しも出来ないまま誠に
無念なお別れではございますが、今はただ
ご冥福を祈るのみで御座います。
66
[●●(故人名)様]のご逝去の報に接し、謹んで
哀悼の意を捧げます。
私をはじめ弊社社員、幾多のご厚情をうけながらも
ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。
ご生前の姿を偲びつつ、心よりご冥福をお祈り致します。
67
遺族への慰め 貴社[■肩書き/社長など][●●(故人名)様]の
ご訃報に接し、弊社社員一同深い悲しみに
暮れております。ご遺族様はじめ、社内ご一同様の
お嘆きのほどを拝察致しますと、
お慰めの言葉もございません。
ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り致します。
68
行けないことへのお詫び [●●(故人名)様]のご逝去の報に接し、
心よりお悔やみ申し上げます。
あんなにお元気に職務に専念されておられたのに、
信じられぬ思いで残念でなりません。
何分遠方のためご葬儀に参列できず、ご生前のお姿を
偲びつつ書中にてご冥福をお祈り致します。
69
[●●(故人名)様]のご訃報に接し、
謹んでご遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。
これまで[●●(故人名)様]から受けた幾多もの
ご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、
ご葬儀に参列できませず申し訳ございません。ご生前の
お姿を偲びつつ喪心よりご冥福をお祈り致します。
70
闘病中だったことを知っていた場合 [●●(故人名)様]のご訃報に接し、謹んで
お悔やみ申し上げます。
かねてご療養中とは伺っておりましたが、またお元気な
姿でお目にかかれるものだと信じておりました。
ご遺族様はじめ、社内ご一同様のお嘆きのほどを
拝察致しますと、お慰めの言葉もございません。
ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り致します。
71
[●●(故人名)様]のご逝去の報に接し、
心よりお悔やみ申し上げます。
かねてご入院中とのお話は伺ってはおりましたものの、
回復を信じておりました。
ご家族の皆様の悲しみはいかばかりかとお察し
申し上げますとともに、心から哀悼の意を表します。
72
突然の急逝 [●●(故人名)様]の突然のご逝去の報に、
弊社社員一同深い悲しみに暮れております。
ご恩返しもこれからというときに、本当に口惜しく
残念でございます。貴社の皆様におかれましても
信じられない気持で一杯のことと思います。
心から哀悼の意を表します。
73
公私にわたりお世話になった[●●(故人名)様]の
突然の訃報に、深い悲しみに暮れております。
ご指導頂きました尊いお教えは、
私の心の中に生き続けます。
在りし日の素晴らしい面影を偲びつつ、
ご冥福をお祈り申し上げます。
74
[●●(故人名)様]の突然の悲報に接し、
動揺のあまり声も出ません。
有能で人望の厚かった[●●(故人名)様]を失われた
ご落胆はいかばかりかと拝察申し上げます。
在りし日の面影を偲びつつ、謹んで
ご冥福をお祈り申し上げます。
75
故人様が恩師 教えへの感謝 [●●(故人名)様]の突然の訃報に、
未だに信じられない思いです。
これまでの厳しくも優しいご指導に感謝と敬愛を捧げ、
安らかに眠られることをお祈り申し上げます。
76
ご逝去の報に接し、驚きと悲しみでいっぱいです。
[●●(故人名)様]には学問の師として、
また人生の師としてご指導いただきました。
いままでの尊いお教えは、私の心の中にいつまでも
生き続けていくはずです。
どうか安らかな旅立ちでありますよう、
お祈り申し上げます。
77
[●●(故人名)様]のご訃報に接し、
人生の師を失った悲しみは言葉で言い表すことが
できません。教えていただきたいことが、
まだたくさんあったのにと思うと本当に悔やまれます。
これからも先生の教えを胸に深く刻みつつ、
感謝の気持ちとともにご冥福をお祈り申し上げます。
78
[●●(故人名)様]の悲報に接し、
心よりお悔やみ申し上げます。
大きな存在を失った悲しみは深く、やりきれない
気持ちですが、これからは先生に誉めていただけるような
人生を歩んでいこうと心に誓う次第です。
ご生前のお姿を偲ぶとともに心よりご冥福をお祈り
申し上げます。
79
[●●(故人名)様]ご永眠の報に、
謹んで哀悼の意を表します。
ご生前中はお世話になるばかりで、これから少しでも
恩返しをさせていただこうと思った矢先でした。
ともに過ごしたかけがえのない日々の思い出に、
心から敬意を表したいと存じます。
80
[●●(故人名)様]の突然の訃報を
受け止めることができず、今でも先生の叱咤激励される
声が聞こえてくるようです。
これまでにご指導いただいた教えを心に深く刻み、
悔いのない人生を歩みたいと思っています。
先生のことはいつまでも忘れません。
本当にありがとうございました。
81
遺族への慰め [●●(故人名)様]の逝去の報に接し、あまりにも
突然のことで驚愕しています。
ご家族の皆様の悲しみを思うと胸が痛み、お慰めの
言葉も見つかりませんが、どうか一日も早く
お心の痛みが癒えますよう、お祈りいたします。
82
突然の[●●(故人名)様]の悲報に接し、
動揺のあまり声も出ませんでした。
素敵なご家族に見守られ、静かにその生涯を閉じられた
ことがせめてもの救いです。皆様になんと慰めていいのか
言葉が出てきませんが、ご健康に留意され、何卒強く
生きてほしいと願っています。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
83
[●●(故人名)様]の突然のご訃報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げます。
人望が厚く、素晴らしい方だっただけに、
ご家族の皆様におかれましては、さぞかしお力落としの
こととお察しいたします。
これまでの功績に深い感謝と尊敬の念を持って、
心よりご冥福をお祈りいたします。
84
行けないことへのお詫び [●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げます。
ご生前のご厚情を思えば、お見送りをいたすべきところ
ではございますが、お別れに参列できずに残念です。
近いうちに改めてご焼香させていただきます。
遥かにご冥福をお祈りいたします。
85
[●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げます。
ご生前のご厚情を思えば、すぐにでも駆けつけたい
気持ちでいっぱいですが、遠方ゆえ参列ができないことを
どうぞお許し下さい。心よりご冥福をお祈りいたします。
86
[●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
謹んでお悔やみ申し上げます。
人生の師として導いてくれた先生のやさしい笑顔が、
はっきりと蘇ってきます。
今すぐにでも駆けつけたい気持ちでいっぱいですが、
お伺いできないことをお許し下さい。
心よりご冥福をお祈りいたします。
87
闘病中だったことを知っていた場合 [●●(故人名)様]の逝去の報をいただき、
お悔やみを申し上げます。
ご家族の看病により必ずや回復されると
信じていただけに、残念な思いでいっぱいです。
皆様の悲しみは計り知れませんが、
お力を落とされないようにと願うばかりです。
謹んでご冥福を深くお祈りいたします。
88
[●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
ご生涯を偲び、謹んで哀悼の意を表します。
病床にあっても、お元気でいつもの変わらぬ声で
お話されていたので、こんなに早くお別れが来るとは
思いもよりませんでした。本当に残念でなりません。
謹んでご冥福を深くお祈りいたします。
89
突然の急逝 この度の突然のお知らせに心よりお悔やみ申し上げます。
[●●(故人名)様]にはもっと長生きして
いただきたかったのに本当に残念でなりません。
ご家族の皆様の悲しみにお慰めする言葉も見つからず、
ただご冥福をお祈りするばかりです。
お心落としのことと存じますが、ご自愛くださるよう
お祈り申し上げます。
90
[●●(故人名)様]の逝去の報に接し、
思いもかけないことで大変驚愕し、人の命の儚さを
嘆くばかりです。先日、元気な姿をお見受けしただけに
未だ信じがたい思いです。
ご家族の皆様が一日も早く悲しみから立ち直られます
ように、心からご冥福をお祈り申し上げます。
91

年中無休・24時間対応いたします 0120-010-340

メールでお問い合わせはこちら

 

 

  • あらたなサービス
  • 供花のお見積シミュレーション
  • 「お客様の声」施行後のアンケートをご紹介
  • 「寺院のご紹介」菩提寺がなくてもご安心ください
  • 株式会社ビューティ花壇
  • クラウンガーデネックス
  • お仏壇の千寿
  • 胡蝶蘭ビズ
  • 熊本市斎場のご案内
PAGETOP
Copyright © 2022 三島斎場 All Rights Reserved.